二世帯住宅としての暮らしやすさ考えた注文住宅のデザイン

子供部屋の扱いやすさを考えておく

親御さんと一緒に暮らすために、二世帯住宅の注文住宅のデザインを考える際には、将来的に子供が何人ぐらい増える事になるか考えておく必要があります。もし子供の人数を考えずに部屋数を決めてしまうと、三人ほどの子供が一つの部屋を共用する事になり、狭さを感じる事になりかねません。家族全員が気楽に暮らしていけるように、拡張性を高める事を意識しながら住宅設計を考える事を推奨します。子供部屋の数が足りないという問題を解決するためにも、取り外し可能な間仕切りのある部屋を作ってみてください。2つドアが取り付けられている部屋を1つほど作っておけば、子供が増えた際には間仕切りを部屋に取り付けておくだけで、2つの子供部屋として使う事ができます。子供が独り立ちをした際には、間仕切りを取り外すと親御さんの趣味の部屋として使いやすいです。

バリアフリーだけでは機能性が不十分な場合もある

いつかは親御さんが車椅子に乗りながら、毎日を過ごす事になるかもしれないと考えて、バリアフリー設計の住宅を購入しようとする人が多いです。しかしバリアフリー設計というだけでは、車椅子を扱いやすい住宅にできるとは限りません。まずは二世帯住宅に最適な注文住宅のデザインを参考にして、車椅子を扱いやすいバリアフリー設計について学んでみる事を推奨します。玄関のスペースが広々としている住宅であれば、車椅子に乗りながら生活しやすいです。家族の誰かが車椅子を押しながら玄関に入ってきた際にも、スペースが十分に広ければ車椅子を押したまま回転する事ができます。玄関に手すりを取り付けておく事で、車椅子に乗っている人が自分で角度を変えやすくなったりと、玄関の機能性にこだわるだけで、高齢者の暮らしはとても楽になると考えてください。

床の防音性にこだわっておく事も重要

小さな子供を育てながら親御さんと一緒に暮らすために、注文住宅をデザインして二世帯住宅を購入したいと考えるならば、防音性能にこだわる事を推奨します。子供が走り回っている音や、オモチャで遊んでいる音は想像以上に大きく響くもので、子供が小さなうちは静かな暮らしを楽しめなくなる事も珍しくないです。小さな子供が発する物音を軽減するためにも、壁だけでなく床の防音性能にこだわっておけば、より快適な暮らしを実現しやすくなります。現在では防音フローリングの性能も上がっているために、子供が走り回っても騒音に悩まされにくいです。

記事一覧